1日の中で売買を完結する取引

株式やFXの取引は、売買のスパンによって長期取引、中期取引、短期取引に区別され、その特徴や手法はそれぞれ異なります。短期取引の中でも、1日の中で売買を完結する取引はデイトレードと呼ばれ、デイトレードを主として取引している人をデイトレーダーと呼んでいます。取引の中でもデイトレードは特殊で、中長期取引にはない魅力があります。

一つ目は、中長期トレードに比べてリスクが限定されていることです。

株取引の場合、国内の市場で取引できる時間は9:00から15:00までです。株で大きな損失を出すケースの多くは、取引時間外の15:00から翌朝9:00までの間に、その会社に関する重大な情報が発表されたり、経済状況に大きな変化があったことが要因で起こります。2006年に起こったライブドアショックが典型的な例です。

デイトレードでは、その日に買った株はその日のうちに売ってしまいますから、取引時間外に何があっても自分の資産に影響はありません。取引の時間以外は、株のことを心配しなくて良いので、精神的にも大きなプラスになります。もっと詳しくはここからクリックしましょう。

hiyere
XEマーケットは海外FX業者ですが、社会的信頼度は申し分なく、海外FX業者を初めて利用される方にも安心してお使いいただけます。とても多くの日本人トレーダーに活用されるだけの魅力を持っています。約定力の高さ、入出金の早さ、ハイレバレッジ(888倍)、入金ボーナスなど国内のFX業者にはないサービスが充実しているからと言えます。

日本人の中には、海外サービスを利用するのが不安だという方がいらっしゃいますが、その点でも、XEマーケットなら問題ないでしょう。本拠地であるキプロスの証券取引位委員会の正式な認可を受けていることはもちろん、審査の厳しいことで定評のある英国FSAライセンスも」取得しています。大手金融金との連携もしており、信託保全は最大20,000ユーロが可能になっています。
biyrere
アイフォレックスが用意する取引システムのFXnet Traderは、高機能で使いやすいと評判のツールです。詳細で見やすいチャート機能やスピーディーな注文ができるように、「クイック注文」機能を搭載している他、画面のカスタマイズ性や簡単に取引レポートを抽出できるようになっており、初心者からベテラントレーダーまでが使いやすくなっています。

現在アイフォレックスでは、新規入金キャンペーンを実施しています。初回入金額が5万円以上で、入金額の15%分のトレーディングチケットがプレゼントされます。トレーディングチケットは、条件を満たせば、証拠金口座に現金として反映されます。アイフォレックスの口座開設を検討している人には、お得にトレードを始めることができるチャンスです。
giurere
NRGBinaryは、ロンドンで設立された海外FX業者です。ヨーロッパを中心に事業を展開し、今や西アジア・中東での顧客維持率は業界トップクラスです。そんなNRGBinaryが、2013年から日本でも本格的にサービスを開始しました。良心的なサービスにひかれた多くの日本人トレーダーも注目しており、近年話題を集めているFX業者といえます。

入出金時の振り込み手数料が無料。出金手続き完了までの時間も早く、使い勝手のよさが高く評価されています。また、トレードに利用できるボーナスが付与されることもあります。ボーナス獲得条件も大変良心的で、知らず知らずのうちに自分の口座残高が増えていて驚くことすらあります。
hiurer
グローバルに展開する企業の24Optionのウェブサイトは、日本語だけでなく、英語はもちろん、フランス語、スペイン語、イタリア語、中国語など、多くの言語に対応しています。ページ上部の言語タブで、日本語だけでなく、他言語を選択することができます。ただし、日本語を選択した場合はサイト自体がシステムを含めて日本語の仕様になります。全てウェブサイト上で行いますので、パソコンにツールをダウンロードする必要もなく、どこにいても接続して、操作する事が出来ます。

日本の市場拡大を目指している24Optionは、ウェブサイトのシステムが日本語に対応しているだけでなく、サポートスタッフに日本人を含めた日本語スタッフが4~5人常駐しています。安心の日本語でのサポートは、メールだけでなく、電話やライブチャットなどで受けることが出来ます。



二つ目は、資金を有効に運用できる点です。

中長期取引の場合、100万円で買った株が1年後に2倍になっているなんてことはめったにありません。しかしデイトレードではよく聞く話で、その理由は二つあります。

一つは、株価は上がったり下がったりを繰り返すものなので、中長期トレードでは無駄があります。デイトレードでは、株価が下がったところで買い、上がったところで売る、を繰り返すので、無駄なく利益を積み重ねていくことができるのです。

もう一つは「複利」の力です。取引で得た利益を資金に組み込むことで、雪だるま式に資金が膨らんでいきます。100万円の資金で毎日1%の利益を出し続けたとすると、1年後(稼働日を300日と仮定しています)の資金は20倍の約2,000万円にもなります。もちろんこれは計算上の数値で、毎日1%の利益を出し続けるのは現実的ではありませんが、中長期取引に比べて資金効率が非常に良いことはわかると思います。

三つ目は、取引手法の改善がしやすいことです。

株を購入する際には、なぜその株を買うのかそれぞれ理由があるはずです。中長期取引の場合は、「最近業績がいいから」「新しい商品がヒットしそうだから」など、会社の価値に重きを置いて判断することが多いようです。一方デイトレードは、最近の株価の動きを見て「上がりそう」「下がりそう」という判断をします。どちらの手法が良いということはありませんが、手法の改善がしやすいのはデイトレードの方です。

中長期トレードの場合、自分の判断が正しかったのか間違っていたのか、明らかになるのはずっと先です。しかしデイトレードでは毎日取引の結果が出るので、改善の機会がたくさんあるのです。

以上のように、デイトレードには、中長期トレードに比べて多くの利点があります。特にリスクが限定されているという点では、初心者にもおすすめできるトレードだと言えます。

副業の税金

副業をして年間20万円以上の利益があった場合は確定申告をして税金を納める必要があります。ここで注意が必要なのは利益が20万円以上という点です。利益というのは売上から経費を引いた額となっており、売上が100万円あっても仕入れ等の経費が90万円あった場合は利益が10万円となり申告の必要はありません。

また、集計する期間は毎年1月からその年の12月末までなので、年をまたぐとリセットさせる事になります。例えば2015年に15万の利益があり、2016年に10万の利益だった場合はどちらも申告の必要はありません。

確定申告を行う場合は一般的に白色申告と呼ばれる用紙を使用します。こちらに売上の内訳と仕入れ等の経費を記入し、利益額を算出します。利益額から控除額を引いた金額が課税所得額となり、主な税金は所得税と住民税となります。

所得税については個人の総収入によって税率が変わるため、本業の収入と合算して計算されます。本業の分は年末調整等で支払われているはずなので、副業の分のみを支払いますが、概ね課税所得額の5~10%程度となっています。

住民税についても課税所得額の約10%となるので、両方合わせると20%弱くらいが税金額だと考えましょう。ここで心配になるのが税金を払う際に本業の会社等にバレないかという点ですね。所得税はバレる心配はありませんが、住民税は支払い方法によって変わります。

申告書にある「住民税・事業税に関する事項」の中に「給与から天引き」か「自分で納付」があり、「自分で納付」を選べば会社にバレる事はありません。

ただし、税務署等から会社に連絡がいったり、別の場所からバレる可能性はあるので副業を禁止している会社の場合には注意が必要な事に変わりはありません。税金を節約するためには正式に開業届を出し個人事業主となり、青色申告をする必要があります。

青色申告は複式帳簿の義務があり、少し専門的な知識が必要になりますが、基本的な控除以外に65万円ほど課税所得から控除されるので大幅な節税が可能になります。専門的な知識と言っても、よほど複雑な事業じゃなかったり取引回数が多くなければ独学でもできる範囲です。年間15万円程度で税理士に頼む事も可能です。

利益額によっての目安としては50万円以下は白色申告、300万円くらいまでは自分で青色申告、それ以上になれば税理士に頼むのが良いと思います。副業としてやる場合は利益額が20万円以上あるかないかを確認し、白色申告で十分だと思います。