FXの2つの顔

hourer 近年、特に投資の初心者を中心に大きな話題を集めている金融商品がFXになります。
これは、通貨を銘柄にして利益を求めてて投資取引を行っていくものになりますが、その仕組みは、株取引や先物取引と同じように相場の変動を利用して利益を上げていくため、時に大きな成果を手にすることもできます。
また、レバレッジという、預けた証拠金を担保に資金を倍化させる仕組みがあるために、投資をする金額も少なくて済むことから、株取引などよりも敷居が低く、本格的な投資取引が楽しめるために人気を博しているのです。

そんなFXには2つの利益の上げ方があります。
一つは、為替相場の変動を利用して、その為替差益を求めていくものになります。これは簡単に言えば、安く仕入れたものを高く売り、高く売った物を安く仕入れる、という通常の商売と変わらない取引方法です。
もっとも単純な例を挙げれば、1ドル100円という為替相場があった場合、これを100ドル分、1万円で買っておき、為替相場が1ドル150円になったときに、先に買った100ドルを売って1万5千円を得る、という形で利益を上げていくのです。
FXでは、これに先に出たレバレッジという仕組みが使えますので、例えば1万円の投資を10倍にして取引を行えば、1万円の投資で10万円分のドル、つまり1000ドルを買うことができるため、その利益は15万円となるわけです。

もう一つの利益の上げ方は、通貨の金利を利用していく仕組みになります。
FXでは2つの異なる通貨を売買して取り引きを行っていきます。この通貨にはそれぞれにその通貨を発行した国や地域が定める政策金利が設定されています。
この通貨の金利の差をFXではスワップポイント、またはスワップ金利と呼んでおり、金利の高い通貨で金利の低い通貨を買って保持することでその金利差を支払うことになり、逆に、金利の低い通貨で金利の高い通貨を買っていれば、その金利差を受け取ることができるのです。
例えば、今の日本の円は世界でも類を見ない低金利の通貨になっているために、外貨をに日本円で買って保持しているだけでスワップポイントを受け取り続けることができます。
また、このスワップポイントはおおよそ日ごとに集計されるために、長く持ち続ければ利益の積み上げも大きくなるために、長期的な安定した資産運用が可能になります。

しかし、それぞれにリスクポイントも存在します。為替差益を求める場合では、為替レートが損失の方向に動いた場合に、大きなリスクを背負うことがあります。
先の例でいえば、10倍のレバレッジを使えば利益も10倍ですが、損失も等しく10倍になります。ですので、1万円に10倍のレバレッジを使って15万円の利益を得たあの状況は、そのまま為替レートが正反対の損失側に動いてしまえば、15万円の借金を被ってしまうことになります。

また、スワップポイントで利益を上げる場合では、長期間にわたって通貨を保持し続けるために、その間に金融政策の変更などで金利自体が下がるケースや、為替相場が大きく変動して通貨の含み損により、スワップポインが相殺されて無くなってしまうことも起こり得ます

こうしたことにならないためにも、FX取引のリスクをしっかりと認識し、それに対するリスクマネジメントを的確に行うことが、投資を長く続け、利益率を上げて勝利を手にするために必要不可欠な心構えになるのです。