サービスや商品の対価として支払うことができるお金

iurererer その国でサービスや商品の対価として支払うことができるお金のことを通貨と呼びます。こんなことはFX初めての方でも分かりますよね。つまり日本の場合は円ですね。アメリカでは米ドル、オーストラリアは豪ドル、ニュージーランドはNZドルです。国外で流通しているお金のことを外貨と呼びます。日本の立場から言うと、ドル、ユーロ、ポンド、豪ドルなどは全て外貨です。逆にアメリカからみれば、日本円が外貨ということになります。

為替とはなにか

直接お金でやり取りせずに離れた場所に粗金する方法や手段のことを言います。ですから、小切手や郵便為替、銀行振込などがこれにあたります。為替取引とは、貸し借りの決済で為替を利用する取引や契約のことを指します。国内為替とは、国内で為替決済することですし、外国為替とは異なる国同士で、国際間で為替決済することです。

車を購入するときに置き換えて説明してみましょう。300万円の車を購入するとして、現金をカバンやバックに入れてディーラーにいかずに、振込や小切手で支払いませんか。もし現金で持ち歩いていたら、強盗に襲われたり、落としてしまうようなことがあるかもしれませんから、為替取引をすることにメリットがあるわけです。

外国為替について

外国為替は外為(がいため)という略称で呼ばれることも多いですね。国際間で直接現金そのもののやり取りで決済するのではなく、銀行の海外送金、小切手、為替手形などの信用手段で決済する方法や手段を外国為替といいます。2国間で通貨を決済するには、異なる通貨での交換比率に従って決済が行われます。この交換比率は日々変動していて、経済要因などによって左右されます。チマタでうわさのバイナリーオプションですとこれが1分単位で取引ができるようになっているのです。Binary 88はこちらをどうぞ。

旅行にいく前に外貨の両替を銀行の窓口などですることも外国為替と言えるでしょうか。外国為替という日本での定義からは少しずれていますが、Foreign exchange という、英語の意味としてはこのような両替も外国為替と言えます。